Goldensteps

個人ブログです 意義はないです

『EXAPUNKS』PDFマニュアル1冊目の簡易訳~07pまで

本エントリでは1冊目(赤い方)の7ページ目まで進行します。

◆DISTRIBUTED NETWORK PROGRAMMING WITH EXAs

私たちの自律性をコンピュータから取り戻すための第一歩は、その使い方を知ることからはじまる。つまり、EXAsによるプログラミングを意味する。

・EXAとは何か?

EXAは実行エージェント(EXecution Agent)の略称となる。実際の距離が長大であっても、ネットワークを介してコンピュータからコンピュータへ移動できるという、小さなプログラムのことを指している。
AxiomやTECのような大手企業は、この10年前に「分散型ネットワークプログラミング」と呼ばれるビジョンに基づいてEXA規格を開発した。EXAを使用すると、世界中のあらゆるものを簡単に接続できるのだ。基礎となるハードウェアに関わらず、データを転送して処理できるということである。今日、彼らはあらゆる現代のコンピュータネットワークの生命線として存在している。

・コード、値、およびレジスタ

コンピュータネットワーク内の物理的な存在に加え、すべてのEXAにはコードとレジスタが含まれている。EXODUS開発環境を使用してネットワークに接続している場合は、EXAの左側にコードを編集してレジスタを表示できるウィンドウが表示される。

・CODE
CodeとはEXAに何をすべきかを指示する命令であり、特別に設計されたコンピュータ言語で書かれる。次のチュートリアルセクションで詳細を確認しよう。

・Registers
値を格納できるスロットと考えよう。値とは、38や5074または-203のような数字、更にSECRETやTRASH WORLD NEWSまたはABC123などのキーワードのいずれかである。レジスタは、コード内の命令で読み書きを行う。
さまざまな種類のレジスタが存在する。あるものは値を格納するだけなので、読み込んだとき最後に書いたもの(XとTのレジスタ)の値を返す。他のレジスタは、実際にはファイルの読み取りや書き込み(Fレジスタ)、他のEXA(Mレジスタ)との通信など、より高度な機能へのインタフェースとして存在する。すぐにすべてのレジスタを使用することについて心配する必要はない。チュートリアルでさまざまな種類のレジスタを使用する方法を学習しよう。

(次ページ)
EXAを使用してネットワークを探索すると、次のようなことが起こります。

・HOSTS
ホストは、ネットワーク内のコンピュータの表現です。EXAはホスト内にしか存在しません。あなたがEXAを作成すると、それらはあなたのホストになります。実行するとターゲットホストにアップロードして実行することができます。

システムのパフォーマンスとメモリの制限のために、すべてのホストには、一度に格納できるEXAの数へ制限が掛けられます。EXODUSでは、これをホスト内部のフリーグリッドスペースの数で表現されます。各EXAは1つのグリッドスペースを占有します。

・FILES
ファイルには、数値とキーワードの両方の値のシーケンスが格納されます。彼らはホストに存在し、スペースを取るので、彼らはEXAsのように少し似ています。 彼らは自分のコードや行動を持っていません。彼らの唯一の目的は値を格納することです。

ファイルを操作するには、EXAを使用する必要があります。EXAはファイルを作成および削除できます。それらに書き込み、それらから読むことができます。 それらをつかみ落とすことによってそれらを動かす。 リンクに似ています。 各ファイルにはコードから参照できる数値IDがあります。

・LINKS
リンクはホスト同士を相互に接続しています。EXAsがホスト間を移動するために使用するものです。リンクには両端に数値のIDがあり、コード内でそれらを参照できます。ほとんどのリンクは両方向に移動できます。いくつかは片道通行です。更にいくつかはまったく使用できません。

・HARDWARE REGISTERS
一部のホストには特殊なハードウェアレジスタがあります。これらのレジスタは、ホストコンピュータに接続されている外部ハードウェアに関連付けられています。それはシステムによってまったく異なります。これらのレジスタは読み取り専用または書き込み専用の場合があります。両方を行えるものもあります。これらのレジスタには、数値またはキーワードを含めることができます。これらのレジスタの名前は、ポンド記号とそれに続く4文字です。#POWRや#ENABのように。これらの名前は、コード内で直接使用できます。


様々な情報を列挙したので、一度にすべてを覚えなくてもOKです。次のセクションでは、このシステムで実際に学習するためのチュートリアルを紹介します。