Goldensteps

個人ブログです 意義はないです カテゴリー「長文読み物」がオススメですよ

『EXAPUNKS』PDFマニュアル1冊目の簡易訳~36pまで

本エントリでは1冊目(赤い方)の36ページ目まで進行します。

◆PASSING RESEMBLANCE part 1

編集者のメモ:少し違う時期。これはテクノロジーによって変わる世界に関するフィクションの作品です。まだまだ私たちの世界ではありませんが、未来を迎えることができるのは...
話を楽しんで、次の問題でその結論を探してください。

 

最初に私が試験管の赤ちゃんであることを学んだとき、薄暗い照明の下で実験室の中のクラスターに配置された、胎児が成長している太いガラスの塊を想像した。私の若い乳母であるマリアが私の湿った髪を撫で、それを髪の束に包んだので── シャロン、私の母は、細胞とミトコンドリアについて何らかの説明をはじめた。シャロンは朝食バーの上に寄りかかり、漂流指数カード上に非晶質の塊を描く。
「これは、すべての人生の基本単位である細胞です」
私は6歳でした。マリアを雇用する最後の年でした。

----

誰かを母親にするのは何なのか?それは子供を運ぶこと?母性を定義するのは、出生だけのものだろうか?それとも、養育するという行為か?
シャロンは決して男を必要しなかったが、それは彼女が戦闘的なフェミニストや、激しい孤独にいたからではなかった。決して彼女の心の先にある問題ではなかったのだ。彼女は子供を作るのに誰も必要としなかった。
シャロンは、ルーマニアウクライナ、そして米国全土で働くPowell Institute for Scienceの有望な研究者だったが、15年間の無駄な努力と崩壊したパートナーシップの後で、Cレベルの幹部に対して彼女は軽蔑的な管理をした。だから、彼女はすぐに実験室での獲得として、企業のはしごの各列を登り、彼女が行ったときに踏み板を切った。
「なぜ彼女はそんなに冷酷だったの?」私はベンの礼拝の数日前に尋ねた。彼は私が同じ朝食バーで作ったコーヒーの悪い言い訳をして、はたととまった。彼は肩をすくめる。

----

マリアが懐かしい。彼女はどのように髪を編み、ウクレレを演奏し、歌ってくれただろうか?彼女の髪は縮んでいて、ディンプルを持っていて、簡単に日焼けした。シャロンと私は太陽の単なる考え方にびっしりとした紙の白い皮を持っていました。
私が古い漫画を見ている間、マリアは私を抱き、ラップで私を揺らしていた。彼女は私にピーナッツバタークラッカーを与え、私の髪を磨いていてくれた。彼女たちはとても厚くて長かった。それは彼女の腰の下に落ち、彼女はタイトな編組でそれを身に着けた。 彼女は人魚?私は彼女に少なくとも一度は尋ねた。
彼女はただ微笑んだ。
「マリアはどこに行くの?」
「マリアは自分の家庭を持つのよ」
私の中に苦い思いが通った。それから、混乱の霧が私の目の上に現れた。
「自分の家族を持つって?」
「マリアは素敵な若い人に出会って、結婚したの」
「じゃあ、あなたの"素敵な人"はどこ?」
シャロンは私に笑って、私の肩の上に彼女の手を置いた。
「お勉強の時間ね」

----

マリアが去って間もなく、シャロンは明るい紫色のオールインワンコンピュータを持ち帰ってきた。パウエル研究所の人工知能部門からの贈り物だと彼女は言った。シャロンは、私がそれをオンにしたときに、私が今まで持っていただろうクリスマスの朝に最も近い形で、私のそばで光を浴びせひっくり返った。コンピュータが揺れ、急激な波が転落して反射スクリーンを横切って揺れ動いた。
「こんにちは」と、このデバイスから声がした。
「私の名前はJODIです。あなたは?」
私はそれを見つめて、画面上の双子の反射を見た。
「Thanks」と私は言った。
「こんにちはMinx」 JODIは言った。
「まだいくつかの問題がありますが、AIグループは常にそれにパッチを当てています。非常に有望です。あなた本当に仮想を楽んでくれることを願うよ…… 友達として!」
その後3年間、私はJODIを訂正したことはなく、彼女は私をMinxと呼んだ。

----

シャロンはいつも自分自身のために、私のために最善を尽くしたかったのだ。だから私はロザリンという別の女性のもとへ運ばれることとなった。
シャロンとベンの話を盗み聞きした時、私ははじめて彼女の名前を知った。私は夢中になった。私は空想の中で彼女の名前を顕したした筆記体「R」を追跡した。私は彼女の顔を想像したものの、それは私のようなものでもなく、シャロンのようなものでもないと分かっていた。
ロザリン…… ロザリン…… 彼女は長い髪の毛と緑色の目を持つ王女だろうか。彼女が頬の入れ墨で暴走した姿を想像した。彼女は詩人であり。彼女は宇宙飛行士であり。彼女は外科医であり。彼女はダンサーであり。彼女は創作者であり。彼女は母親でもあった。
JODI、ロザリンという名前はどんな意味があるの?」
「ロザリンはウィリアム・シェイクスピアのロメオとジュリエットではマイナーなキャラクターで、ロザリンドという名前の馬の変種です」
いつものように、JODIは私の豊かな想像力を和らげてくれた。

----

JODIは、研究所が期待していた家庭内の優秀なアシスタントかどうかは分からなかった。 9歳の時、シャロンは私にプリヤとベンを紹介してくれた。プリヤとベンは、科学、技術、工学、数学に関するすべての科目の個人教師としてやってきた。その他の科目はなかった。
プリヤとベンは週に3回、ポータブルコンピュータと、時折の教科書(「Fundamentals」については、Priyaが主張する)で一対三の割合で来ていた。三角法と微積分は、方程式と変数の泉のように、プリヤから教わった。ベンからは生物学と化学を。Priyaは、私が数学で私の能力を証明した後で、後で物理学に乗り越えた。彼らは2つの磁石のように悩まされ続けたようだ。しかし、彼らは対数とアルゴリズム、力学と力学、有糸分裂とシムビシズムについて教えてくれた。
14歳までに私は私立中学校を卒業するための要件を整えた。この成果を得るために、Priya、Ben、そして私はPriyaのサブコンパクトな電気自動車に詰め込み、Dairy Queenに向かった。
私たちがコンドに戻ったとき、シャロンはドアを開けて私に微笑んだ。「これで私たちはパウエル研究所で働くことができますね。私と一緒に」
「私たちとともに」Priyaは付け加える。
シャロンはプリヤに、そしてベンを見つめた。
「あら、あなたはヒゲにアイスクリームを連れているのね」
彼女はアパートの暗いエントランスホールに姿を消した。